くらいさや負い目を持つ夫人との心の通い合うコネクションに惹かれるダディーのダイヤリー

PCMAXの遭遇感想の仲立ですが、今回は少し変わった内容のものです。このように自らの根性というか心理進度を曝け出すようなレビューもたまにあるんですが、読むだけで何か色んな気付きを得る事ができます。男女の遭遇は奥深いですよね。だから出会い系サイトって止められないですけど。【44年の埼玉県内男子】マックスで心から綺麗でセクシーな女の子と知り合い、今まではやったことがなかったんですが収益払って何度も会ってました。でも、ちょっと前の自分では信じられないことに、彼氏のyesが急激に色褪せてきたのです。全身も面構えも彼氏に勝るような女性は白紙というものの。何でこのように本心が変化したのか何かと考えてみた。やっぱり 全身だけをパパに求め、「あんたと会うのは代金相手。」といった女性には、印象しか理由が感じられなかったについてなんでしょう。彼氏は我々に断片の情愛も、いや好意も持っていなかったのですからね。SEXができて、代金をむしれるなら誰でもよかったについてなんでしょう。彼氏とのSEXは至って物寂しい存在でした。何とか熱いまなざしで彼氏の眼を見つめても、彼氏はこちらの眼を見つめ返してはくれることは一度もなかった。自分のカラダの快感だけを味わうのみでした。「情愛は分け与える存在」はよくおっしゃることですが、彼氏はその対極におけるyesでした。まぁこれは当たり前のため気付くのが遅すぎるんですが、いかに綺麗であっても、心の通わない人とは続きませんよね。会わなくなりましたが、彼氏には謝礼も逆鱗も未練もありません。もっぱら年月が去ったについてだけを今は感じています。世の中には、何一つ感情の高ぶりもなく恋愛とつきあえる女もいる、ということを知る事ができただけでも実績と思わなければならないのでしょう。彼氏も、我々以外にもセフレは履いて捨てるほど沢山いるようなので、単独がいなくなっても、何の痛痒もないというわけですね。多分彼氏のように綺麗で自分の美しさにかまけていられるような女性は、将来についての濃い学びは暮ししないで終わるのかもしれませんね。パパにチヤホヤ変わることが本人れの奇抜、生きがいみたいになってしまっているんですよね。でも親仁になり、美に退廃が見えたままなって足りないものにようやく気づき、愕然とするかもしれませんよね。自分が眩しいがゆえに高慢になるのだとしたら、将来はブラックものだと言えるのかもしれませんね。我々は彼氏という綺麗な様子も、セックス魅惑も欠ける個々だからこそ、くらいさやコンプレックスを持つ、個々っぽい女の子との心の通い合う間柄に惹かれます。綺麗でなくとも、我々への愛しさを全身で表現してくれるママを求めてしまう。またあんな遭遇をこれからも探したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です